40代の女性の症例です。

以前から慢性的な腰の痛みがあり、日中動いてる時はよいのだが寝起きの時などに腰が固まっていてすぐに起きられない時があるとのことです。

うかつに急に動こうとするとギックリ腰になりそうな時があって怖い・・・とか。

来室の時にはベッドで寝返りが打てるくらいでしたが、腰の他に背中や腸骨筋(骨盤の内側の筋肉)、お尻の上の方に硬さがありました。

まず、右側の腸骨筋の辺りに手を当ててゆっくりと筋膜が緩むのを感じると、腰が左側よりも明らかに楽になったとのことでした。


また、普段の事務仕事などで座っている時間が多いのにたまに重たい荷物を運ばなければならない場合があるそうで、

じっとしていて固まっていた筋肉に急に負荷がかかると硬くなっていた筋膜に遂にロックがかかり、ギックリ腰になってしまう恐れがあります。

ギックリ腰になるのは筋膜の拘縮が原因ですから、普段調子が良い時が続いていても根本の硬さは取り除いておかねばなりません。

この方の場合、身体を動かす習慣がないようなので、予防のためにも痛みのない時には普段から少しづつゆっくりと身体を動かすように意識することをアドバイスしました。

たまに痛くなるけど調子のよい時もあるからと言って、筋膜の硬さや痛みを放置しないようにしましょう。

調子のいい時こそ筋膜ケアの効果を上げるチャンスなのです!
 

群馬県伊勢崎市の 女性と子ども専門 筋膜リリース  サロン    ケーズリリース  HP

 
JUGEMテーマ:肩こり、腰痛

 


40代の女性の症例です。

以前から慢性的に腰の痛みがあるとのこと。

少し前から運動不足解消のためにと思いプールに通い始めたが、普段の立ち仕事の時に中腰になったりパソコン仕事の後などには常にダルさやハリが感じられてなかなか解消しないということです_| ̄|○

背中から腰、お尻、お腹の腸腰筋にも硬さが感じられたため、先ずゆっくりと全体的に筋膜リリースで緩んでくるように施術しました。

「今までになかった感覚で大変気持ちが良いです!」との感想。

一週間後、「翌日からびっくりするほど痛みが軽くなりました。」とのご報告をいただきました。

ご本人は腰の痛みには水泳などの運動が負担が少なくてよいとお考えのようでしたが、なにせ腰周りや背中の筋膜が硬くなってしまっていたので、プールでの軽い運動さえも今はオーバーワークになっていたと思われますゆう★

まずは少しプールはお休みにして、筋肉(筋膜)を緩ませてからまた徐々に運動する方が良いでしょう。

筋膜が硬くなっていてハリやコリが強い場合には筋トレや強いストレッチをしても効果は上がりません。

むしろ筋膜を傷つけて更なる痛みなどの原因となってしまうこともあるので、不調のある場合にはまず筋肉を緩ませて状態を改善することから始めましょう。


群馬県伊勢崎市 女性と子ども専門 筋膜リリース サロン   ケーズリリース HP
 
JUGEMテーマ:肩こり、腰痛


 

1

PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM