40代の女性で、変形性股関節症と診断を受けてケーズリリースで週一回施術を受けている方のお話です。

この方はケーズリリースに初めて来られた数年前には股関節周辺の痛みが強く、整形外科で手術の予約待ちの状態でした。

しかし、筋膜リリースで痛みがだいぶ無くなってきたので、手術をキャンセルし今でも施術を継続して受けていただいています。

考えた末にせっかく予約を入れた大学病院の手術をキャンセルすることは、更に大きな決心が必要だったようでしたが、整形外科のお医者さんも、まだ40代という若さなので手術を見送ることに賛成されたということでした。

その後のケーズリリースでの筋膜リリースの効果は、

 (發など、足を動かす時の辛い痛みが無くなってきている。

◆[笋┥匹破菁冬には5個以上のカイロが必要だったのに今では1個か2個で大丈夫。

 仰向けで寝た時に膝の下に枕を入れて膝を少し上げないと辛かったのに、今は枕なしで足をまっすぐに延ばせるようになった。

ぁ(盥圓安定してきて杖がほとんどいらなくなった。

ァ ̄βの大腿の外側から膝の外側へ常にあった痛みが無くなった。

Α^柄阿六椽僂隆間が一週間以上開いてしまうと不安で仕方なかったが、今ではそのような不安感はなくなり、気持ちに余裕が出てきている。

・・・と、症状や気持ちがこの様に変化してきています。

両方の足の可動域が狭くなっているような状態で、歩くのにも不安定な感じがありましたが、今は杖なしでも大丈夫なほどになりました。

しかし、しばらくの間筋膜が硬くなっていたため右足の方が左よりも短くなっており、まだ開脚や両足をばらばらに動かす動作などでは支障があります。

お医者さんも40代という年齢での手術(人工股関節置換術)はあまり薦めたくない様子だったということで、ご本人も手術しなくてよかったとおっしゃっています。

最近ではだいぶ筋膜が緩む反応が良くなってきていますので、更に回復していかれると期待しています。

何しろ、この方ご自身が毎日お仕事も忙しい中でご自分の身体について前向きに積極的に向き合っておられる姿勢に、私も逆に力をいただいています。

施術者はその方の自己回復の力を引き出すお手伝いをする役目です。

「自分の身体のことは自分で取り組まなければならない。」ということを忘れてはいけませんねkirakira


群馬県伊勢崎市の 女性と子ども専門 筋膜リリース サロン  ケーズリリース  HP


 

1

PR

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM