最近、お尻から太もも、足首・足裏にかけてつながったように痛いという話をよく聞きます。

変形性股関節症や坐骨神経痛などの診断を受けてからケーズリリースに来られる人にもこの症状が多いのですが、

そもそも股関節という関節や骨が痛むのではなく、その周辺の筋膜が硬くなったりして痛みが生じるというのが筋膜リリースでの考え方です。

股関節周辺の筋肉というと腸腰筋、ソケイ部、臀筋、内転筋・・・などなど、

その周辺の多くの筋肉が関係してくるので、その不調がが太ももへ、膝へ、ふくらはぎへ、足首、足底へと繋がって出てくることはしばしばです。

一言で股関節痛と言っても人によって痛みの出てくる個所も違ってくるので、硬くなっていたり疲労していたりする個所を探し当てて、そこに関連している筋肉にアプローチしていく必要があります。

長い間痛みをかばって歩きが片寄ってしまっていたせいで、さらに筋肉が拘縮してねじれなどを起こし、骨盤の位置が曲がってしまっている例もあります。

お尻や腰から下肢まで痛みが走ったり、力が入りづらいなどという感覚がたまにでもあるようであれば、それらの筋肉(筋膜)を緩ませて健康な状態を回復させる必要があるでしょう。

関節痛と言われる痛みの多くは筋肉の問題であり、その筋肉を覆う膜である筋膜を緩ませてあげることが痛み解消の第一歩です。

痛みや不調は早め早めに解消しましょう!



群馬県伊勢崎市の女性と子ども専門 筋膜リリース サロン  ケーズリリース  HP 

 

1

PR

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM