股関節の痛みでケーズリリースにいらっしゃる方々に聞いてみると、

 

股関節のまわりに違和感や痛みなどを少しでも感じるようになったのは、実はずいぶん前からであるということが多いのです。

 

本格的に痛くて我慢できなくなって、施術院や病院に相談するようになったのは数年前からということですが、

 

それまではたまに痛みが出るようになったり違和感が出ていたりしても、そのうちに気にならなくなっていたので、

 

特に対策を取ろうとはしなかった、放っておいてしまっていたということでした。

 

当の私も十数年前に股関節まわりの辛い痛みに悩まされました。

 

お尻に冷えやダルさ、腰の方にも慢性的な軽い痛みを感じることがずっと前からありましたが、

 

そのうちに右の股関節まわりに痛みを感じることが頻繁になり、いよいよ痛くて痛くて仕方がない・・・と感じようになった頃には、もう最初の違和感から5年以上経っていました。

 

筋膜リリースに出会い、今では生活に支障もなく軽い運動もウォーキングも出来るくらいにまで回復し、あの時のような辛い痛みに悩まされることもなくなりました。

 

 

 

長い時間かけて痛めてしまった筋膜は、筋膜リリースで緩むように施術をしても血流が悪くなっていたり中の組織が弱くなっていたりして、完全に回復するのには時間がかかってしまいます。

 

私の股関節まわりの痛みの経験からしても、股関節の痛みはやはり骨そのものの痛みではなく、股関節の周りの筋膜や靭帯などが硬くなってしまうことから起こると考えています。

 

そこにレントゲンなどで軟骨のすり減っているのがみられるのは、長い間筋肉や筋膜の不調を放っておいてしまったために、筋膜が固まって関節部分に影響を及ぼした結果であると考えます。

 

早くケアに取りかかり、痛みが軽いうちから筋膜などを緩ませて健康な状態に戻せれば、骨にまで影響を及ぼすことなく回復することができたという症例の方が多いのではないでしょうか。

 

股関節、または膝なども同じことですが、痛みや違和感などを感じるようになたら、たとえ頻繁に痛まなくても、やがてひどくなってしまう前に早めに筋膜ケアを始めていただくことをお勧めします。

 

今既に歩くのが困難なほどの痛みがあるという方にはもちろんのこと、または「将来は手術が必要」といわれてい方も筋膜の健康を取り戻しておくことは必要不可欠です。

 

是非、筋膜ケアを取り入れてみてください 手

 

 

 HP 群馬県伊勢崎市の 女性専門 筋膜リリース サロン  ケーズリリース HP

 

 

股関節まわり、ソケイ部や太腿の前側などの痛みがある方が多くいらっしゃっています。

 

筋膜リリースで緩ませることで痛みを感じなくなったり、筋肉(筋膜)が緩む感覚を実感していただいています。

 

特に変形性股関節症と診断を受けた方は、筋肉が固まって歩けなくなってしまわないようにご自分で運動などをして、いろいろと努力されていますが、時にそれがオーバーワークになってしまっている場合があります。

 

運動のしすぎで余計に筋膜に負担をかけてしまっていて、筋膜は更に硬くなり、一向に痛みが軽減されないのです。

 

筋膜リリースなどの筋膜ケアで、先ずは「緩ませる」ことが必要です・・・と告げると、緩ませるという概念は無かったとおっしゃるのですが、施術を受けるうちに身体の変化に気づき、すぐに納得してくださいます。

 

緩ませると張っていた太腿が楽になるのを実感していただけるからです。

 

膝のまわりの痛みや、正座ができないなどの症状も同じです。

 

毎日ウォーキングができるのに正座ができない。

 

それは、筋膜が張りっぱなし、硬くなりっぱなしになっていて緩ませることをしていないからです。

 

運動して動くことも大事ですが、硬くなった筋膜は肥大したり癒着を起こしたりして自ら緩むことはできなくなっています。

 

筋膜リリースなどの外からのアプローチを施すことによって、まずは筋膜が緩むように促してあげることが必要なのです。

 

 

 

群馬県伊勢崎市の 女性専門 筋膜ケア サロン  ケーズリリース HPHP

 

 

 

股関節まわりの不調があって歩きずらいと感じている場合、股関節に関連するいろいろな個所の筋膜に硬さが表れています。

 

まず、腸骨筋や大腰筋などの腸腰筋群に硬さがあり、触ってみると痛みもあります。

 

これらの腸腰筋が硬くなって伸縮しづらくなっているために、歩く動作でソケイ部が常にくの字になってしまい、お腹が出てお尻が引けたままの格好になります。

 

そのためにお尻の筋肉も動きが悪くなり筋膜が硬くなって血行不良などを起こし、痛みが出ることが多いのです。

 

良く歩ける姿勢では、ソケイ部がよく動いて前後への可動域も大きく、お尻の筋肉が働いて後ろに蹴りだす力がしっかりと働きます。

 

お腹にきちんと力が入って、お腹と骨盤がしっかり立った状態で上半身が安定しているのが理想的です。

 

股関節まわりが硬かったり痛かったりすると、当然足の可動域も小さくなり、変わりに腰や背中、肩などの上半身がバランスをとろうとして身体が左右に揺れる歩き方になってしまいます。

 

 

筋膜リリースでまずはその硬くなった腸腰筋に手を当てて筋膜を緩ませていくと、お腹まわりがゆったりと楽な感じになります。

 

「こんなところの筋肉を意識したことが無かった!硬くなってるんですね〜!!!」と、みなさん驚かれます。

 

そして、同じようにソケイ部とお尻の筋膜もリリースしていきます。

 

太腿は内側、外側、前、裏側と、様々なところが張って膝にも痛みが出る人が多く、膝のリリースも必要な場合があります。

 

 

股関節は外側からは触れられない奥の方に位置していますが、関連する多くの筋肉にアプローチすることで痛みはかなり軽減されてきます。

 

しかし、股関節の不調で来られるほとんどの人が長い間不調を抱えてきた方が多く、一回の施術では解消しきれません。

 

股関節の場合には「なんとかしなきゃ!」と思い立った時には症状が進んでいることも多く、「ちょっとおかしいかな?」と感じたら放っておかずに早めに筋膜ケアを取り入れることをお勧めします。

 

また、呼吸法などにより弱いお腹の筋肉を鍛え、姿勢を整えることができますので、現在筋膜ケアを受けている方も、お腹(丹田)に意識をおいて呼吸法を実践する生活習慣を心がけていただきたいと思いますちゅん

 

 

 

 

 群馬県伊勢崎市の 女性専門 筋膜ケアサロン ケーズリリース HPHP

 

 

実のところ、「股関節の不調や痛みを少しでも感じている。」という方が非常に多いです。

 

ブログなどをみると30代、40代の女性も多いように感じます。

 

なんとなくたまに痛いけど動き出せば大丈夫とか、痛くないけどこの頃歩きずらさを感じるなど。

 

十数年前(30代の頃)、最初は私もそうでしたが、だんだんとソケイ部やお尻から下肢への痛みがひどくなり、遂には足に力が入らず歩くのも困難になっていた次第です。

 

股関節の不調は早期に対処することが重要です。

 

やっと整形外科に行ってみたら、「末期です。このままでは手術です。」と言われます。

 

 

しかし、私のような相当の痛みがあっても筋膜をケアすることで回復が可能であることをお伝えしたいです。

 

私の場合は臼蓋形成不全(骨盤側の骨)のため、歩き方が偏って痛みが出ているのだろうと言われました。

 

「上手く痛みと付き合っていって、ゆくゆく我慢できなくなってきたら手術という選択もあります。」と整形外科で言われました。

 

・・・が、整形外科に行ったのはその一回きりで、あの当時の辛い痛みは今ではほぼ無くなっています。

 

 

今では、手術を考えている人にも、年齢が60歳未満であればお医者さんも積極的には手術を勧めないようです。

 

それは人工関節にも約20年という寿命があるため、若い人だともう一度手術しなければならなくなる可能性が大きいからです。

 

それでは、このままその年齢になるまで痛みに耐えたり、手段を探して迷走するしかないということになってしまいます。

 

痛み止めの薬を使うことも、ただ症状を抑えるだけで根本解決にはつながらないということはお医者さんも言っています。

 

 

私が体験したように、筋膜リリースで股関節周辺の筋膜を緩ませて筋膜の状態を健康にしていくことは、痛みを取るだけでなく、その後の機能回復にもとても有効なケア法です。

 

筋膜ケアは全身に活用でき、その後も一生、自分で自分の身体をケアする手段とすることを目標としています。

 

 

変形性股関節症、臼蓋形成不全と診断されたものの、ケーズリリースで筋膜リリースによって痛みを軽減し、手術の予約をキャンセルした方もいらっしゃいます。

 

痛みは多少残るものの、自分の症状と上手く付き合うこと、セルフエクササイズで緩和させることで、定年後もお仕事を継続されている60代後半の方もおられます。

 

 

痛くて我慢できなくなる前に、少しでも不調を感じるようであれば筋膜リリースを試してみてください。

 

症状により継続が必要な場合もありますが、重傷、末期と言われていても症状の軽減を期待できます。

 

私が経験者です指 ケーズリリースに是非一度ご相談くださいstar

 

 

 群馬県伊勢崎市の 女性専門 筋膜ケアサロン  ケーズリリース  HPHP

 

 

 

 

 

ケーズリリースでは、一般的に言われる「股関節痛」などの不調の緩和・解消を目的とした施術に力を入れています。

 

それは、私自身が股関節まわりの痛みを経験し、また解消でき、セルフケアによる再発の防止を継続できている経験かあるからです。

 

ケーズリリースにいらっしゃるお客様から、

 

「施術してくれる人が痛みの経験者であると知ってこちらに来ました。」

 

と言って来て下さる方が多いので、あらためて初心に返り、

 

利用者様の気持ちをくみ取りながらの施術や対応が大切だな〜と感じております。

 

 

↓HPより

 

ケーズリリースでは股関節周辺の筋膜をリリースする (緩ませる) 施術をいたします。

 

お尻の筋肉、大腿の付け根、ソケイ部、大腿の内側(内転筋)や前側から膝、仙骨まわり、坐骨まわり・・・なども関連する筋膜として施術を行います。

 

股関節の周りの筋膜が硬くなってしまうと、周辺の筋膜も硬くなって不調を起こします。

 

そのために筋膜同士が癒着したり捻じれたりして、痛みや血行不良、冷え、ダルさや疲労感、または関節の可動域が狭くなって歩きづらくなるなどの様々な不調をもたらします。

 

 

「股関節を施術してくれるところを探していました。」

 

「痛みを経験したことのある人に施術してもらいたいと思った。」

 

「女性に施術してもらえるところを探していました。」

 

などの理由でケーズリリースを見つけてきて下さる方がほとんどです。

 

 

股関節まわりの筋膜をリリースすることで、

 

「あ、今までと違う!」

 

という感覚をぜひ実感していただきたいと思います。

 

私自身も、歩くのが辛いほどの痛みから解放されたという経験がありますので、

 

股関節まわりの不調でお悩みの方々にケーズリリースの筋膜リリースを一度お試しいただきたいと考えております。

 

 

 群馬県伊勢崎市の 女性専門 筋膜ケア サロン  ケーズリリース  HPき

 

 

 

右股関節周りに不調があり、右太腿の内側に痛みが出やすい女性Aさんの場合です。

 

股関節周りの筋膜の硬さを緩ませると痛みは無くなるのですが、椅子からの立ち上がりやその後の歩きだしの第一歩が出にくいことがあり、動作に工夫が必要でした。

 

椅子から立ち上がる時に、頭を少し前に倒して、重心が前に移動するのを利用して自然に立ち上がるようにします。(前に出すぎて転倒しないように注意。ゆっくりと動作。)

 

その時に両ソケイ部に手を当てて、少しソケイ部を抑えたまま立つようにすると安定感がでて立ち上がりやすいようでした。

 

その後の歩き出しの時にも、手をソケイ部にあてたままその場で軽く足踏みするようにしてから歩き出すと最初の一歩が出やすい感じとのこと。

 

手の当て方は、手のひらを縦にして小指側をソケイ部に沿って 「たけしさんの ”コマネチ”」 のようにして軽く当てます。

 

すると、大腿の前側に意識が置かれ、手の位置が安定することもあって上半身が安定して立ち上がりやすくなるのではないかと思います。

 

 

少しの工夫と、意識をどこに置くかで身体の使い方も変わってきて、出来る動作も多くなってくる感じがします。

 

不調ややりずらい動作があればどのようにしたら出来るようになるか、痛みが出ないように気をつけながら動きを工夫します。

 

毎日の生活の中でも「今日は昨日より歩きやすくなっているな。」とか、「昨日の痛みが今日は無くなっているな。」とか、小さい変化でも感じ取ることが大切ですね。

 

それは簡単なことではないのですが、意識して自分の身体と向き合うことを続ければ、自然と身体への「気づき」を得るようになれると思います。

 

毎日少しでも時間をとって、ご自分の身体をケアする習慣をつけていきましょう。

 

毎日継続!ファイト

 

 

群馬県伊勢崎市の女性(子ども)専門 筋膜ケアサロン ケーズリリース HP HP

 

 


70代の女性の症例です。

右股関節の周辺にいつも違和感があるとのこと。

普段、調子のよい時は違和感くらいなのですが、たまに殿筋から大腿の方へしびれるような痛みが出ることがあるそうです。

痛みがなければ立っているのも歩くのも大丈夫で、股関節の可動域も広く開脚なども大きく開くことが出来ました。

それだけ動くことはできるのに、じっとしている時間が長い方が辛いということでした。

坐骨神経痛と診断されたこともあるとのことです。

ケーズリリースにて、先ず仙骨からお尻の筋肉、大転子(大腿の付根の外側に出っ張っている骨)のまわりの筋肉などを筋膜リリースで柔らかく緩ませていきました。

そして前側のソケイ部、腸骨筋、大腿の筋肉も緩ませました。

施術後、ご本人からのはっきりした反応は聞かれませんでした。

これまでに通っていた整体院などの施術の感じに比べるとちょっと物足りない感じだったようです。

しかし数日後のお電話で、「なんだか、やってもらった後すごくいいみたい!違和感が無くなっています!」

とのことで、少し時間をおいてから効果を感じていただけたようでした。

ケーズリリースの筋膜リリースはとてもソフトな施術で、最初少し物足りないと感じる方も多いようです。

しかし、2,3日して気が付いたら痛みや違和感が消えていたとおっしゃる方も多いのです。

筋膜リリースで血行やリンパの流れも良くなることで筋膜の細胞が活性化します。

そのようにして、その人の身体の持つ自己回復力を上げていこうとするのが筋膜リリースです。

施術によってきっかけを与えられて目覚めた自分の回復力で、徐々に筋膜が緩んでいったのだと考えられます。

痛みや違和感は根本から解決し、自己回復力を育てていくことを目標としましょう!

ただ、筋膜が一度硬くなって癒着やねじれを起こしたら、それが自然解除するのは難しいのです。

痛みや違和感を感じたら、それが小さくても時々でも、早めに筋膜リリースを受けていただくことをおススメいたします。


群馬県伊勢崎市の女性と子ども専門  筋膜リリース サロン  ケーズリリース  HP 





 


股関節に不調があり、歩き方が片寄ってしまっている人は足裏の重心のかけかたや歩く時の足裏のつきかたにも偏りがみられます。

以前、私が右股関節まわりに辛い痛みを感じていた時もそうでしたが、

右足の重心が外側に偏っていて、無意識に立っている時にふと気がつくとつま先が内向きになっていることがありました。

この様な足の癖があったため右股関節の筋膜にねじれが生じたのかもしれません。

または股関節周辺や殿筋などの筋膜の硬さがあったから、歩き方や足のつき方に偏りが出てきてしまったのかもしれません。

いずれにせよ、股関節の硬さや痛みを日々筋膜リリースで緩ませながら徐々に歩き方などの癖も意識して改善していく必要があります。

足裏の親指の付け根側と小指の付け根側、かかとを結ぶ3点に平均的に力が入って、中指からかかとの一直線がまっすぐに着く様に歩けるとよいです。

この様に自分の歩き方に癖があり偏りがあることを、なかなかみなさん気が付いていません。

気が付いていても、自分の足がどのように片寄っているのかを知って、それを毎日意識することを忘れてしまいます。

歩き方は足全体の健康やO脚、X脚などの足全体のスタイルにも関わってきて女性には特に気にかかることです。

また、腰や背中、肩コリなど上半身の不調の原因にもなりますので、是非ご自分の「足」に関心を持っていただきたいと思います。

既に不調がある方からは「分かるけど、痛くて真っすぐ足を着けないんです。」というお言葉もありますが、

それには問題となる足や股関節の筋膜を筋膜リリースで緩めることから始め、同時に少しづつ歩き方も改善していきましょう!


群馬県伊勢崎市の 女性と子ども専門 筋膜リリース サロン  ケーズリリース  HP


 

2年目のシクラメン。しばらく元気がなかったのに8月半ばから次々と花が咲き始めました(^^)・・・狂い咲き?!
 


最近、「この前、急に腰が痛くなって起き上がるのも大変になっちゃって・・・。」という話をよく聞きます。

知り合いや友人との雑談の中での話で、整体や整形外科にいって今はよくなった・・・ということなのですが、

よくよく聞いてみると、腰というよりも
といったお尻の筋肉の辺りが痛むようでした。

更に大転子 (太腿付け根外側の骨が出っ張ったところ) の辺りを通って太腿の外側、ふくらはぎ、足首の上の方まで繋がったように痛いという話でした。

「急に」とは言っていましたが、やはり前からお尻のあたりが凝っている感じや冷えなど、何かしら違和感を感じることあったようです。

しかし今は痛くなくなったから・・・と言って、その後は何もしていないという人がほとんどでちょっと心配でした。

再発を防ぐには、対処療法だけでそのまま放っておかずにきちんと根本から筋膜を健康にしていかなければなりません。


同じような症例の場合、筋膜リリースを受けていただくと筋膜が明らかに硬くなっていたり、以前ならできていた動きがやりにくいことにも気づかされます。

特に40代を過ぎた方々に多いので、それまで筋膜の硬さによる疲労が知らず知らずのうちに蓄積されてしまっているのでしょう。

少しの違和感やたまの痛み、ハリ・コリなどを感じるなら、放っておかずに今から筋膜を柔らかく健康に戻していきましょう。

急な激痛に襲われないためにも、ご自分の身体の声を聞いてみてください。

特にお尻から下肢に掛けての痛み、ソケイ部から太もも内側への痛みなどは股関節周辺にも原因があるかもしれませんので、

早めに原因となる弱った筋膜へのケアが必要です!


群馬県伊勢崎市の 女性と子ども専門  筋膜リリース サロン   ケーズリリース   HP 



 


股関節まわりの不調でケーズリリースに来室される方で、定期的に整形外科での検診も受けている方がおられます。

整形外科ではレントゲンを撮って経過観察をするのみだそうです。

この方もケーズリリースに来られる前に手術の予約をしていました。

しかし手術までまだ半年あるのに痛くて辛いのでケーズリリースでの施術を希望されて来室しました。

病院での診断は両股関節の大腿骨骨頭壊死ということでした。

股関節を屈伸することが難しく、ソケイ部や両足全体、臀部に痛みがありました。

左右の足の長さが違っていて歩き方が片寄ってしまい、最初は杖をついて来室されていました。

しかし施術を受け始めて半年後には、それまでの大きな痛みが和らいで杖をつかなくても不安が無くなったということで、

結局手術はキャンセルされました。

施術は今も継続中ですが、筋膜リリースで筋膜が柔らかくなる反応も早くなり、普段の生活の動作では痛みが出なくなってきています。

今では、リスクの大きい手術を受けなくてよかったとおっしゃっています。

股関節周辺の痛みや不調の度合いは人それぞれですので、どのくらいの期間施術を受ければ治るのかということの問いには容易にはお答えできません。

しかし、何も手を施さない時よりもよい状態に改善していくことは確かだと言えます。

筋膜リリースは筋膜を根本から健康にしていこうとする施術ですので、

不調の度合いに限らず、HPやブログを読んでいただいて「ピン!」ときた方には是非体験していただきたいと思いますひらめき


群馬県伊勢崎市の 女性と子ども専門  筋膜リリース サロン   ケーズリリース  HP 
 


PR

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM