苺をいただきました〜いちご

 

今年初物です!

 

こちらは群馬の苺「やよいひめ」ですいちご

 

 

色は薄めですが、甘さと酸味のバランスが良いそうです。

 

苺にはビタミンCやポリフェノール、カリウムなどが豊富。

 

糖質も低めなのでダイエット中にはよさそうですねいちご

 

 

 

群馬県伊勢崎市の 女性専門 筋膜リリース サロン  ケーズリリース  HP

 

ケーズリリース

群馬県伊勢崎市連取町2345−9 

エクセルC−102

電話 080-5489-8420

営業時間 10時〜19時(不定休)

 

 

 

早くも師走ですね。

 

外でも寒い中、ジョギングをしている人をよく見かけます。

 

毎日ジョギングや散歩をしているという人に聞くと、

 

「習慣になるとやらないのが気持ち悪い。」のだそうですね。

 

 

運動や身体を動かすことも、人によって好き嫌いがはっきり分かれる感じがします。

 

このところ、身体を動かすことが好きで趣味でスポーツをやっていたりジムに通っているという人から

 

肩や肩甲骨まわりが痛む・・・とか、肩が上がりずらい・・・。

 

というお話が、続けて数人からありました。

 

 

運動好きな人は、ついついやりすぎて筋肉を酷使してしまっていることがあります。

 

負荷をかける筋トレなどだけではなく運動の前後には筋肉を柔らかくして運動の準備をしてあげなければなりません。

 

 

特に筋膜の存在を知って、意識する筋膜ケアを取り入れて、

 

故障のない身体をつくりを心がけましょうね。

 

 

群馬県伊勢崎市の 女性専門 筋膜ケア サロン   ケーズリリース HP

 

 

 

 

 

「肩や背中、首がいつも凝っている」、「背中から首に掛けてがいつも張っている感じ」、「背中から頭に掛けてズ〜ンと思いダルさがとれない」などというお話が本当に多いです。

 

この様な背中や肩、首の不調に悩んでいる人の話を聴くと、その多くの人が日々の生活の中で肩や肩甲骨まわりなどの筋肉を動かす習慣がほとんど無いようです。

 

筋肉や靭帯などは動かさないと筋膜が硬くなって、さらに動かしずらくなります。

 

そのため、あまり動かさないでいると余計に痛みや不調がひどくなり、今度は動かそうとしても痛くて動かせない・・・という悪循環な事態になってしまいます。

 

そのままで放っておくと、ねじれや癒着によって固まった筋膜は自力で再び柔らかくなることが難しくなります。

 

痛みが強く出ていたり、硬くなってしまった筋膜は筋膜リリースなどの筋膜ケアで緩ませることをお勧めします。

 

既に、「痛くて体操どころではない〜!泣く」と言って動かせないような場合には、まず硬くなった周りの筋膜を緩ませてあげることが先決です。

 

痛かったり硬くなっているのに、無理にストレッチなどして更に悪化させないように注意しましょう手

 

 

9月も中旬を過ぎましたが、台風の影響もあって雨が降り続いていますね雨

 

そんな雨雲の合間をぬって、先週末は半年ぶりに都内へ出てまいりました。

 

日暮里駅で電車を降り、谷中をぬけて上野方面へ。

 

下町情緒あふれる、最近人気のお散歩コースです。

 

途中、道をちょっと入ったところにある「上野桜木あたり」に立ち寄りました。

 

  

 

  

 

  

  

  

  

素敵な昭和の建物の中に飲み屋さんやパン屋さんなどなど。

  

たくさんの人でにぎわってましたよ〜

 

  上野桜木あたり http://uenosakuragiatari.jp/

 

  

この後、上野公園をぬけて上野駅から有楽町へ向かい、

 

・・・この後日比谷野外音楽堂でコンサート鑑賞〜音楽

 

2時間半立ちっぱなしで頑張って大いに盛り上がりましたDocomo102Docomo102Docomo102

 

  

  9/17(土)

 

日比谷公園の噴水広場でもイベントをやっていたようで、

 

多くの人がビールを飲みながら都会のオアシスで秋の夜を楽しんでいるようでしたビール(ビール・フェスかな?)

 

右手のビル、只今建設中。

 

2020年の東京オリンピックに向けてでしょうか、東京のあちこちがが動きだしているような感じです。

 

 

群馬に住んでると車社会なのであまり歩く機会がありません。

 

しかし都内へ出ると、とにかく歩く歩く!!!

 

しかし、10年ほど前は私も股関節の辺りが痛くて歩けない時期がありました。

 

今は、痛かった右足は多少疲れますが、歩き続けてもロックコンサートで飛んでも跳ねても大丈夫ですkyu

 

  

はい。・・・ということで、みなさんも筋膜ケアをお試しくださいね!

 

 

  群馬県伊勢崎市の女性専門 筋膜リリース サロン  ケーズリリース  HPHP

 

 

  

  

 

昨日はお休みをいただきまして、

 

全国的にも猛暑で有名な群馬県は館林に遊びに行ってきました。

 

ケーズリリースのある伊勢崎からは車で一時間ちょっとですが、

 

記憶する限りでは子どもの頃に遠足でいった以来のような・・・。

 

館林と言えばつつじが岡公園が有名ですが、今はもちろんつつじは咲いていません。

 

館林市民である友人が、かわりに公園内の城沼のハスを観に連れて行ってくれました ハス

 

今はちょうど「花ハス遊覧船」が出ているということで、それに乗ってハスの群生の中をズンズンと入ってく〜 びっくりびっくり

 

ちょっとしたジャングルクルーズのようでなかなか楽しかったですゆう★

 

午後だったので花はほぼ閉じていましたがハスの群生は見ごたえありました。

 

花が開くおススメ時間は午前中だそうです。

 

(花ハス遊覧船は8/15まで。)

 

 

 

 

 

↓つつじが岡公園内にある SUGAR HILL CAFE 

なんとも斬新なつくり。

 

↓ランチをいただきました。

 

↓その後は館林市内のかき氷屋さんで。

 

 

毎年、とくに旅行などの予定もないお盆休みの時期ですが、

 

地元や近場でも楽しめるところは沢山ありますね。

 

また群馬の楽しい場所を探して出掛けてみようと思います手

 

 

群馬県伊勢崎市の女性専門 筋膜リリース サロン  ケーズリリース HP

 

 

 

 

 

 

右股関節周りに不調があり、右太腿の内側に痛みが出やすい女性Aさんの場合です。

 

股関節周りの筋膜の硬さを緩ませると痛みは無くなるのですが、椅子からの立ち上がりやその後の歩きだしの第一歩が出にくいことがあり、動作に工夫が必要でした。

 

椅子から立ち上がる時に、頭を少し前に倒して、重心が前に移動するのを利用して自然に立ち上がるようにします。(前に出すぎて転倒しないように注意。ゆっくりと動作。)

 

その時に両ソケイ部に手を当てて、少しソケイ部を抑えたまま立つようにすると安定感がでて立ち上がりやすいようでした。

 

その後の歩き出しの時にも、手をソケイ部にあてたままその場で軽く足踏みするようにしてから歩き出すと最初の一歩が出やすい感じとのこと。

 

手の当て方は、手のひらを縦にして小指側をソケイ部に沿って 「たけしさんの ”コマネチ”」 のようにして軽く当てます。

 

すると、大腿の前側に意識が置かれ、手の位置が安定することもあって上半身が安定して立ち上がりやすくなるのではないかと思います。

 

 

少しの工夫と、意識をどこに置くかで身体の使い方も変わってきて、出来る動作も多くなってくる感じがします。

 

不調ややりずらい動作があればどのようにしたら出来るようになるか、痛みが出ないように気をつけながら動きを工夫します。

 

毎日の生活の中でも「今日は昨日より歩きやすくなっているな。」とか、「昨日の痛みが今日は無くなっているな。」とか、小さい変化でも感じ取ることが大切ですね。

 

それは簡単なことではないのですが、意識して自分の身体と向き合うことを続ければ、自然と身体への「気づき」を得るようになれると思います。

 

毎日少しでも時間をとって、ご自分の身体をケアする習慣をつけていきましょう。

 

毎日継続!ファイト

 

 

群馬県伊勢崎市の女性(子ども)専門 筋膜ケアサロン ケーズリリース HP HP

 

 


筋膜ケアは『自分でやる』をメインに考えていただくことをおススメしています。

自分で取り組んだ方が良いという理由は、

一週間に一度施術を受けるだけでは、その間にまた硬さや疲労が戻ってしまいます。
 
自分の手で触れて筋膜の状態を感じる力を養い、指先に意識を集中することで筋膜自体の反応も良くなります。

筋膜の硬さを感じ取れるようになると、(自分の身体ゆえに)どこに手を当てればよいか分かるので効率が良い。

呼吸を整えながら筋膜に集中するとともに気分もとてもリラックスできます。

自分で出来るのでお金をかけずに毎日ケアできる。

筋膜の動きを感じながらゆっくりと動かすこと(エクササイズ)で毎日の体操ができて運動不足が解消できる。

なぜ痛くなってしまったのか、これまでの生活習慣の中での姿勢や身体の使い方などを考え直し、気づき、改善できる。


もちろん、最初に辛い痛みがある場合や、自分で手が届かないところの痛みなどは、先ずは筋膜リリースの施術などで緩ませて筋膜が動きやすくなるように促します。

だんだんと筋膜の健康状態が良くなり、動かすことが出来るようになってきたらセルフ筋膜ケアのアドバイスをさせていただいております。

定期的に施術を受けながらも、お家でセルフ筋膜ケアを続けていただくことが不調解消の一番の近道です。


将来的にはご自分でセルフ筋膜ケアを習慣にしていただくことがケーズリリースがお勧めする筋膜ケア法です☆


HP 群馬県伊勢崎市の女性(子ども)専門 筋膜ケアサロン ケーズリリース HP
 


先週土曜日、一年ぶりに眼科検診に行ってきました。

というのも、私は20年ほど前に右目の白内障の手術をしたこともあって定期的に眼科で観てもらっています。

今回も特に問題なしですが、今後左眼のほうは大丈夫だろうかという心配もあります。

私が白内障になったのは20代の中ごろでしたので、その時は珍しい症例であり大学病院に手術と経過観察で一週間ほど入院しましたが、確かな原因は分からずじまいでした。

子どものころからの原因か、アトピー性の白内障ということもあったかもしれないとの医師からの話があったのを覚えています。

一般的に、白内障というのは加齢による老人性白内障が多いわけですが、

目のまわりの血流不足などにより栄養や必要な成分が目に行きわたらなくなってしまうことも眼病の原因の一つなのではと考えます。

最近ではパソコンやスマホが普及して、みなさんも目の疲れやブルーライトからの影響を心配されていますよね。

そのため、眼球のエクササイズや目の周りへのマッサージなどもメディアなどでよく取り上げられています。

目の周リの血流を改善し、疲労を解消する方法としては筋膜ケアも有効であると思います。

眼球に強く刺激が及ぶことが無いように、目の周りの筋膜にやさしく触れるようにして緩ませます。

ついでに顔全体や頭皮も含めて筋膜ケアするととても気持ち良くリラックスできます。


しかし、このように目の周りの筋膜へのアプローチに加えて、もう一つはやはり食生活にも目を向ける必要がありそうです。

白内障は眼の水晶体にタンパク質が凝集して水晶体を濁らせてしまう病気ですが、このタンパク質は変異タンパク質だそうで、

なぜ変異してしまうのかというと、それは糖化による反応であるといわれています。

私たちが食事において糖質を摂ると、タンパク質と結びついて糖化反応を起こします。

これが過度になると週末糖化産物(AGEs)が形成されてタンパク質の繊維が歪められてしまうそうです。

この反応が水晶体でも起こってしまった・・・ということかもしれません。

私も、20代の頃は食事の栄養バランスなどあまり考えず、決して健康に気を使った生活ではありませんでした。

その時期の身体への影響が白内障という形で表れたのではないかと考えています。

すなわち、20代半ばから老化反応があらわれてしまったというわけですゆう★


糖化は老化を促進させる反応として最近では研究も進んでいるようです。

眼だけでなく私たちの身体全身の健康のためにカラダの内側からも外側からもきちんと考えて生活していかなければなりませんね。

甘いモノが大好きな私ですが、最近はお菓子やパンを食べすぎないように努力している日々でございますケーキゆう★


群馬県伊勢崎市の女性専門 筋膜リリース サロン  ケーズリリース HP
 


膝に痛みがある場合、多くの人に大腿(太もも)の筋肉に緊張がみられます。

痛みの出る個所も、膝の上、下、内側、外側・・・と、痛みを訴える場所は人によっていろいろです。

まず原因となる筋肉や腱を探し、緊張を取り除くように筋膜リリースで筋膜を緩ませますが、

特に膝の場合には骨と骨をつなぐ靭帯や関節を包む関節包も柔軟性を失っていることが考えられます。

この靭帯や関節包などが硬くなって機能しなっていることで関節内を圧迫して動きを悪くさせます。

すると滑液などが十分に満たされなくなり滑らかに膝が動くことを妨げてしまいます。

膝の痛みや、曲がらない、動きずらさなどを改善するには、筋膜や腱(腱膜)、靭帯、関節包などの関係する結合組織を緩ませる必要があります。

しかし、膝の靭帯や関節包などの深部はなかなか筋膜リリースの作用が届きにくい場所です。

そのため、筋膜リリースで緩ませてから、関節を徐々に動かすことによって靭帯や関節包などの緊張を取り除きます。

セルフ筋膜リリースでも、筋膜を緩ませると同時に少しずつ少しずつ稼働させることを続けていくことで膝まわりの痛みを解消していくことを目標としています。

膝の痛みや不調を抱える方は大変多いです。

長く放置せずに、違和感を感じたら早めの筋膜ケアをお勧めしますDocomo118


群馬県伊勢崎市の女性(子ども)専門 筋膜ケアサロン ケーズリリース HP

  ☆股関節痛、膝痛への筋膜リリース・・・ご相談ください☆


筋膜ケアでは、一つには筋膜を動かすことが必要といえます。

しかし、なんでも動かせばよいというわけではありません。

適度に、適当(適切)に動かすことが大事です。

しかし、体操やストレッチなどを実践している多くの皆さんが、実はオーバーワーク気味のようなのです。

疲労や姿勢の癖など、生活習慣が原因で長年の間に硬くなってしまった筋膜は

自力でもとの健康な状態に戻るのは難しいです。

そのため、強すぎるストレッチや負荷のかかりすぎる運動などでは、

筋膜が固まったまま無理に動かそうとすることになるので余計に硬くなったり、

痛みを生じさせる原因になってしまいます。

不調がある場合には、先ずは筋膜リリースなどの筋膜ケアで緩ませてから、

少しずつ少しずつ身体を動かしながら筋膜を緩ませていく練習をする必要があります。

動かしてみて痛みや違和感を余計に感じてしまうようなら動かすのをやめる。

調子が良くなったらまた動かしてみる。・・・など、

臨機応変に自分の身体の声を聴きながら筋膜ケアに取り組んでいきましょう。

痛みや不調があるならば無理に動かさずに、先ずは筋膜を緩ませることが先決ですひらめき


群馬県伊勢崎市の女性専門筋膜ケア・サロン ケーズリリース HPHP

 


PR

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM